宇佐からあげ誕生秘話

からあげ専門店発祥の地

宇佐からあげ誕生秘話

終戦から10余年、「安く肉が食べられる!」

 昭和三十年代のある日。
「市場に出なかったブロイラーを、お兄さんのお店で利用できませんか?」
 と、中華料理店「来々軒」を営む福田さんは、農協に勤める義弟から相談を受けました。
 その頃、農協はブロイラー事業を始めていましたが、市場に出なかったブロイラーの販路は確立されていませんでした。
 相談を受けた福田さんは、ブロイラーを購入し、「来々軒」の昼定食に「鶏からあげ定食」を追加。 すると、食料事情が今ほど良く無かった当時の人々は「安く肉が食べられる」と大喜び! 鶏からあげ定食を食べようと、店の前には行列が出来るほど人気だったそうです。

農家のツケ払いが生んだ?「専門店」

 そんな福田さんに、「からあげの揚げ方を教えてほしい」と頼む人がいました。「来々軒」の向かいで居酒屋を営む「庄助」さんです。
 教えを乞われた福田さんは、「うちは昼中心、おたくは夜中心の営業だ。お向かい同士だし、教えましょう!」と庄助さんの頼みを快諾。こうして「来々軒」の技が「庄助」に伝わります。
 けれど庄助さんには、悩みがありました。当時居酒屋に通っていたお客は、ほとんどが農家の方。「支払いは、米が出来たとき!」という付け払いが基本で、店の経営は楽ではありませんでした。
 そこで庄助さんは、居酒屋を辞め、鶏からあげのテイクアウトの店を始めます。付け払いで酒を飲む旦那ではなく、現金払いでからあげを持ち帰る主婦にターゲットを切り替えたのです。
 この「庄助」が、大分県北部地域で最初にからあげ専門店を始めたことから、宇佐市は『からあげ専門店の発祥の地』であると言われています。

店内の様子 ご夫婦の写真

宇佐の常識、驚異の「からあげ食文化」

 運動会やお盆、お正月など、人が集まる場所には、必ずと言っていいほど大皿に盛られたからあげがあります。
これが宇佐の家庭の定番。宇佐市民はからあげが大好き。しかも家でからあげを揚げるのではなく、からあげ専門店で購入するのが常識なのです。
 宇佐市内には、テイクアウトを基本にした「からあげ店」がなんと59軒も!各家庭には必ずごひいきのお店があり、中には田んぼまで配達してくれるお店も!?注文する時の量もケタ違い。「骨付き2㎏!」などキロ買いがあたり前。市民のソウルフードそれが「からあげ」なのです。

「宇佐からあげ」飛躍の立役者は
"からあげ魂"を胸に刻んだ熱きカルテット!

 うさの人は行きつけのからあげ店を持ち、キロ買いし、揚げたてをすぐに食べる。普段あたりまえだったそんなシチュエーションも他の地域にはないと気が付いたUSA★宇佐からあげ合衆国の吉武さん。仲間と市内のからあげを食べ歩きし、マップを自費製作した所、メディア等で話題になり宇佐からあげ合衆国建国の道のりへとなりました。北九州市のB1グランプリに続き、愛知県豊川市にも参加。豊川では開店前からすでに4時間待ちの行列ができ大盛況だったそうで、宇佐からあげの注目度の高さを実感したそう。
このからあげ合衆国の活躍も宇佐からあげの人気を不動のもとにした一因だと思われます。

 

宇佐からあげメジャー化への歩み 写真 宇佐からあげメジャー化への歩み 年表